a room of my own

最近は一気に書き貯めて、自動更新中。手抜き。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

DVDも借りちゃった

ツタヤで時効警察一気に5枚借りするつもりが不覚にも出遅れてしまい、1枚もレンタルできなかった。

というわけで、久しぶりに洋画のDVDをいくつかピックアップして帰りました。

もしも昨日が選べたら
旅するジーンズと16歳の夏
アイドルとデートする方法
終わりで始まりの4日間
Vフォー・ヴェンデッタ

1週間で見ないといけんことをまったく考えずにポイポイとカゴにいれてしまったわけですが…どうにか頑張って見ますわ。

これまた、レビューはいつか。
100%洋画メモ | comments(0) | -

CD借りてきた

ツタヤでCDをレンタルするなんて何年ぶりなんでしょう。

というわけで、週末ツタヤに行きました。

目的はもちろん「時効警察」のDVDとサントラ。

でも100円セール開催中のためDVDは全部出払っておりました。チャンチャンアヒャ(アニメ)

せっかく店に来たんだし無いモンは仕方ないんで、CDを借りることに。

とりあえずササッと店内を見てなんとな〜く手に取ったのがこれ。

The Very Best of Sting & the PoliceThe Very Best of Sting & the Police
Sting
A&M 2002-10-01
売り上げランキング : 84189

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マイケル・ブーブレを借りたくて店内をブラブラしてたんだけど、その時不覚にも名前が思い出せずにどうにかこうにかねばったものの


やっぱり思い出せず。


仕方なく(?)ずいぶん前に買いそびれたジョン・メイヤーのセカンドを借りました。↓コレ

Heavier ThingsHeavier Things
ジョン・メイヤー
ソニーミュージックエンタテインメント 2003-09-18
売り上げランキング : 24935

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あと、かなり前からずっと興味はあったけど買う勇気はなかったCAKEの4枚目のアルバム。

Comfort EagleComfort Eagle
Cake
Columbia 2001-07-24
売り上げランキング : 51486

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


レビューはまたいつか。
ミュージックラヴァー | comments(0) | -

麻生久美子

この間彼女について書いたばっかだけど、まだまだ。

youtubeで見つけた彼女の出演CM。ドラマや映画はDVDで見られるチャンスがあるからいいけど、過去に出てたCMは自分が録画して持ってない限り見られないのでyoutubeに感謝。

数少ないアップされたビデオの中に、PVが1本だけあるのを発見。曲名を見るとTowa tei:- Free

テイ・トウワFreeだっ

この曲がリリースされた頃、たまたまスペースシャワーch好きでこのPVもしょっちゅう流れてていっぱい見たんだよ、私。調べると、この曲が収録されたアルバムが発売されたのは2002年だそうで。5年も経つのに変わらないなぁ、麻生久美子。

あの女の子ふたりのうちの片方がまさか麻生久美子だったとは。
続きを読む >>
出会いの博物館 | comments(0) | -

地元の映画館がすごい1

地元の映画館が復活から2周年目に入るらしくて500円セール開催。2日間にわたって11作品上映するらしいけど、ラインナップはまあまあ。特に「これを見なくちゃ!」と意気込める作品はないんだけど、500円なら見に行こうかな、と思ってます。

30日(土):ヨコハマメリー 恋するトマト ゆれる プルートで朝食を はなればなれに 実録阿部定

1日(日)
:無花果の顔 モーツァルトとクジラ 麦の穂をゆらす風 太陽 かもめ食堂

30日の「プルートで朝食を」と「はなればなれに」は見たい。

「ゆれる」はどっかでタイトル聞いた事あるな、と思っていたらオダジョー主演ってことで耳に入れていたみたい。テーマが重そうなので、気分的に沈みたくないしそれを考えると見る前から重いのが気に入らないんだよなぁ。迷い中。

1日は「無花果の顔」 「モーツァルトとクジラ」 「麦の穂をゆらす風」 「カモメ食堂」

・・・「太陽」以外見たい。

でもこれ、1日4本って体力的に無理だよなぁ、どう考えても。
コレが見たい! | comments(4) | -

タイル

タイルタイル
柳 美里
文藝春秋 2000-10
売り上げランキング : 143814
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


柳美里の本は1冊も読んだことがない、と友人に言ったらさっそく貸してくれた。「読んでみたいんだけど、読んだことないんだよね」とは言ってないけど。

柳美里といえば私は「命」が江角マキコ主演で映画化されたという事だけ記憶にあってそれ以外、どんな作品を書いてるのか代表作なんか何ひとつ知らなかったです。

ページ数も少ないし、『ホラー純文学の傑作』なんて紹介されてて、そんな理由で読み始めたんですが、ホラーなんで気分悪かったです。うぅー

読み始め、エンジンかかるまで結構時間くっちゃって、ページ数少ないにも関わらず読むのに4日もかかりました。そのくせ、後半は一気にガガーっと読み進めたのでラストシーンの印象が薄い。

この間読んだばかりのこの本を手にとって、「最後どうやって終わったんだっけ?」とずっと思い出せずに、結局ラスト3分の1を読み直してしまいました。やっぱり気分悪かったです。
ブック・クラブ | comments(0) | -