a room of my own

最近は一気に書き貯めて、自動更新中。手抜き。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

麻生久美子

この間彼女について書いたばっかだけど、まだまだ。

youtubeで見つけた彼女の出演CM。ドラマや映画はDVDで見られるチャンスがあるからいいけど、過去に出てたCMは自分が録画して持ってない限り見られないのでyoutubeに感謝。

数少ないアップされたビデオの中に、PVが1本だけあるのを発見。曲名を見るとTowa tei:- Free

テイ・トウワFreeだっ

この曲がリリースされた頃、たまたまスペースシャワーch好きでこのPVもしょっちゅう流れてていっぱい見たんだよ、私。調べると、この曲が収録されたアルバムが発売されたのは2002年だそうで。5年も経つのに変わらないなぁ、麻生久美子。

あの女の子ふたりのうちの片方がまさか麻生久美子だったとは。
続きを読む >>
出会いの博物館 | comments(0) | -

通山愛里

「マイ・フェア・ボーイ」に出てる若い女の子役の通山愛里(とおりやま あいり)さん、人形のようにかわいいです。クラリオン・ガールだとか。

今時の俳優は○○出身ってのが多いんですかね。ジュノンだの、クラリオンだの。別に今に限ったことじゃないか。

とにかく、この彼女の役どころ、TBSのオフィシャルサイトによると
将来は翻訳家を目指しており、外国語学校へ行く合間をぬってアルバイトしている。バイトの時は元気で明るく、お客さんたちの人気も高い。が、陰で見せる物憂げな表情には、重大な理由が…。
らしいです。

この設定の無理は…ま、いいか。

そんなことより、先週「帰ってきた時効警察」の録画予約失敗してた事が何よりもショックで…しょぼーん
出会いの博物館 | comments(2) | -

山本裕典

出会いの博物館、何年ぶりに更新だ?!と思えばエントリーしたのは昼ドラボーイ。別に「出会っちゃった〜」ってヤッタvって思って書いてるわけじゃなく…

今日から放送が始まった花王愛の劇場「マイ・フェア・ボーイ」ってのをたまたま見てしまった故に…名前も読めなかったのですが、やまもとゆうすけさんというらしいですわ。ジュノンボーイです。

どこかで見たことあるな、と思ったら今「鬼嫁日記」にも出てますね。さすがジュノンボーイ、人気者。

というわけで、昼間っからジュノンボーイについてせっせか検索かけてる私って…キャラメル・パインちゃん@ぴよたま


ドラマの初回って登場人物紹介なのねーと実感。突っ込みどころはいっぱいあったので機会があればまた今度。
出会いの博物館 | comments(2) | -

Lou Taylor Pucci

Lou Taylor Pucci
1985/7/27
Seaside Heights, New Jersey, USA

Teen Vogue10月号で見つけたルー・テイラー・プッチ。雑誌に載ったフォトーがかわいくて(←これなんだけど)いろいろ追っかけてたらグリーンデイのビデオ(「American Idiot」の2曲目"Jesus Of Suburbia")に出ているそうで、さっそく見たけどこのフォトーの方がかわいいかも。男のするパンクメイクは好きではない。

映画デビュー作の「Personal Velocity: Three Portraits」がサンダンス映画祭や、インディペンデント・スピリットアワードで評価されたのをきっかけに「Thumbsucker」「The Chumscrubber」など主演級が続いてるようです。私の目下のお楽しみはジェイミー・ベルやカミーラ・ベル、ジャスティン・チャトウィン等、飛び出せ青春!な面子が勢揃いな「The Chumscrubber」だったりするのですが、「Thumbsucker」の方は05年のベルリン国際映画祭とサンダンスで賞を取ってるのでこっちも日本で見られる日が来るに違いないと期待しています。(ちなみにこの「Thumbsucker」、キアヌ・リーヴスが「コンスタンティン」の前に出演した作品なんで、そこら辺のファンもきっと日本公開を心待ちにしているに違いない。)

IMDbに載ってる出演作全7作とも日本では未公開、これからざくざく彼の映画が見られるのかと思うとうれしいです。「Empire Falls」はHBOのTV映画らしいのですが、アメリカではDVD化もされているしなんといっても豪華キャストなので日本で見られる機会もあるはず。


The Chumscrubberのみんなと写ってるのですが、、、とりあえず動く姿を見てからすべてを判断するとしよう。
続きを読む >>
出会いの博物館 | comments(0) | trackbacks(0)

Simon Baker

Simon Baker
1969/7/30
Launceston, Tasmania, Australia

今FOXで放送中のドラマ「堕ちた弁護士〜ニック・フォーリン」に出演しているサイモン・ベイカー。特別美形なわけでもないし、写真うつりもいまいちなので特に気にすることもなかったんだけど、シーズン2から急にかわいらしく見えてきました。感情を面に出さない男、というのがニック・フォーリンのキャラなので、人前で笑ったり泣いたりしないのです。いつも硬い表情の中、ふとしたシーンでほほえんだりすると、もうっ。

ドラマのストーリーもエンジンがかかるのが遅くて、見るのやめようかと何度考えたことか。でも見続けて良かったな。FOXにしては渋い展開、キャストもルックス的にミーハーな俳優たちを集めてない辺りが「らしくない」と思ってたら、実はこのドラマCBSで放送していたようです。(当時の米サイト

サイモン・ベイカーはオーストラリア出身の俳優さんで、「L.A.コンフィデンシャル」に出演していたらしいです。というと、この映画の主演ふたり、ラッセル・クロウとガイ・ピアースを思い出しますが、3人のうちオーストラリアで生まれたのはサイモン・ベイカーだけなんですって。ちなみにラッセル・クロウはニュージーランド、ガイ・ピアースはイギリス生まれ。

サイモンのことは「ニック・フォーリン」を見て初めて知ったんだけど、ファンになるのが遅かった…実は彼の最近の出演作はほとんど劇場で見ることができたようで。運悪く私がどれも言い訳つけてパスした作品ばかりでした。あああ
続きを読む >>
出会いの博物館 | comments(0) | trackbacks(0)